中性脂肪を下げるお茶があるのは事実であり、中性脂肪をお茶で下げることができるのは、お茶に含まれている成分が関係しているといえます。 お茶の中でも緑茶には、カテキンという脂肪を燃焼させる作用のある成分が豊富に含まれており、脂肪の吸収を防いでくれるとも考えられています。 カテキンには苦味がありますが、通常の緑茶には苦味を感じるほどの量のカテキンは含まれていませんので、緑茶にはあまり苦味というものがありません。 今では、コンビニやスーパーなどで、カテキンを豊富に含んだお茶などが販売されていますが、飲用してみると確かに苦味があり、緑茶よりもとても苦いです。 しかし、食事を摂取する前や食事と一緒に摂取することによって、脂肪の吸収を和らげてくれます。 通常の緑茶などに比べると、カテキンが豊富に含まれているお茶は、価格が若干高めになってしまいますが、それだけ効果が期待できるといってもいいでしょう。 脂肪の燃焼を手助けしてくれるカテキンですから、中性脂肪の燃焼にも効果を発揮します。 大量に飲むことによって中性脂肪が下がりやすくなるというわけではありませんし、即効果が出るわけではありませんが、運動と一緒に飲用するのもいいかもしれません。